調剤薬局監修の錠剤やカプセルなど内服薬の種類に関しての情報サイト

錠剤やカプセルなど内服薬の種類

○素錠(粉薬を固めたもので早く効かせるものに多い。)
○三層錠(胃で溶ける成分、腸で溶ける成分に分けたものや、成分が混じりあうと変化するので層を分けたものなどあります。)
○糖衣錠(素錠のままでは飲みにくいので、糖衣をかぶせて飲み易くしてあります。しかし、溶けて効くまで時間はかかります。)
○腸溶錠(胃の中の酸で溶けないよう特殊な膜をかけてあるもので、腸までいって初めて溶け、効果を発揮するように工夫してあるものです。)

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

○舌下錠(口の中の粘膜から成分が吸収されるように出来ているものです。)
○発泡剤(水に落とすと数秒間で溶け、味に工夫がしてあり早く吸収されるようにしてあります。) カプセル剤は散剤や顆粒剤、液状の薬などを、主にゼラチンで出来たカプセルに入れてあるもので、2種類あります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

○硬カプセル(色の違った小粒が何種類も入っていて、さまざまな症状に効くように、またそれぞれの成分が化学変化を起こすのを防いだり、胃・腸それぞれの場所で溶けて長時間効果を発揮するようにできているものなどあります。)
○軟カプセル(軟らかいカプセルを用いたもので、液状の成分をつめたソフトジェルカプセルと呼ばれるものもあります。いずれも湿気や熱に弱いので、保存にも注意が必要です。)

 

薬剤師 求人