調剤薬局監修の内服薬の正しい飲み方に関しての情報サイト

内服薬の正しい飲み方に関しての情報サイト

内服液の飲み方として食前・食後・食間があります。薬の飲む時間の「食前」「食後」「食間」とはどういう意味かご存知ですか?
食前:食事の30 分くらい前に飲む事。
食後とは:食事の後30 分くらいまでに飲む事。
食間とは:食事と食事の間、つまり食事の2時間くらい後に飲む事。薬の飲む時間は薬の特性や副作用の予防、また食べ物や他の薬との飲みあわせを考慮して指示されていますので、指示通りに飲むようにしましょう。また、薬を飲む時は、コップ1杯程度の水または白湯で飲むようにしましょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

もし薬を飲み忘れた事に気が付いたら飲み忘れに気が付いた時間が、本来飲むべき時間からあまり経っていなければ気が付いた時点で飲んで下さい。この場合には、その次に飲むまでの間隔が短くなるので、なるべくその次は少し遅めに服用し、あまり短い間隔で飲まないようにすると安全です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

間隔をあける目安として1 日3 回飲む薬は少なくとも4 時間程度、1 日2 回飲む薬は少なくとも5〜6時間程度、1日1回飲む薬は少なくとも8 時間くらいです。決して2 回分を一度に飲むような事はしないで下さい。薬の中には糖尿病の薬のように飲み方を間違えると低血糖をおこして危険なものや、血液中の薬の濃度をきちんと維持する事が大切な為、不規則な飲み方が危険となってくる薬もあります。飲み忘れに気付いたら、自分で判断せずに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

薬剤師 転職