調剤薬局監修の内科で処方される薬に関しての情報サイト

内科で処方される薬に関しての情報サイト

内科で処方される内服薬としては風邪などのお薬が真っ先に浮かぶのではないでしょうか?しかしその他にも糖尿病の治療に処方されるお薬等のように専門的な病気に対する内服液もたくさんあります。その中でも私たちに身近な「花粉症」の内服薬を紹介してみましょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

花粉症は一見、耳鼻科のようなイメージを持たれていると思いますが、内科でお薬を処方してもらえます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

花粉症に対する薬剤による治療では、症状が出る前に予防する(内服)ことが大切ですので、少なくとも本格的な飛散の前には(できれば花粉飛散開始と共に)治療を開始したほうがよいでしょう。種類としては内服薬や点鼻薬。点眼薬などがあります。内服薬については数多くの薬剤が発売されていますので、症状の種類、程度によって使い分けをしています。1日1回なのか、2回なのか、眠気の副作用が出やすいものなのか、などによっても異なります。内服薬(場合によっては2種類の薬の併用もあります)と点鼻薬、点眼薬を組み合わせて処方することもあります。

 

また個人によって花粉症を発症する時期が違います(対象の花粉が違うため)ご自身はどの花粉症なのかもしっかりと知っておいて対策に望む必要性があるのかもしれませんね。

 

薬局