調剤薬局監修の耳鼻科の薬に関しての情報サイト

耳鼻科の薬に関しての情報サイト

耳鼻科で有名な病気と言えばアレルギー性鼻炎ではないでしょうか。私も幼少のころはこの病気に悩まされ、通院していたのでなじみがあります。内服薬をよく服用していました。そのアレルギー性鼻炎についての内服液を紹介してみましょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

最も一般的な治療方法で、内服薬(のみ薬)、点鼻薬、点眼薬があります。内服薬は数十種類あり、 目的や症状により使いわけますが、眠気が出るものや他の薬と一緒には使えないものもあり、医師に確認してください。点鼻薬は主に鼻づまりに対して使います。副作用はあまりありませんが、 これだけでは不十分で、内服薬を併用することが多いです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

尚、市販の点鼻薬は殆どが血管収縮薬といい、アレルギーに対する薬ではありません。使いすぎるとかえって鼻粘膜がはれて薬剤性鼻炎を引き起こしますので常用しないようにしてください。点眼薬は、涙・痒みを止めるためのもので、当院では嘱託医である眼科専門医に相談しながら処方しています。

 

(長所)
1. 手軽で簡単である。
2. 種類が豊富で、症状によって使い分ける事も出来る。

 

(短所)
1. 全て、対症療法であり根本的な治療ではないので、中止すると元に戻ります。 従って、ずっと使い続ける必要がある。
2. 眠気などの副作用の心配がある。

 

調剤薬局